通常検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

お知らせ

国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料について、
HUMICでデジタル画像の閲覧と複写ができるサービスを7月8日より開始します。

●利用場所
 HUMIC1階利用者用PC5番(この端末以外ではご利用いただけません)

●利用時間
 図書館開館日の平日(月~金) 9:30~16:30 *土曜日は利用できません

●利用できる方
 本学の学部生、大学院生、教職員

●利用できる資料
 「国立国会図書館デジタルコレクション」のうち、「国立国会図書館/図書館送信限定」の表示のある資料が対象です。
 対象の資料には、図書・古典籍・雑誌、博士論文、脚本などが含まれます。

現在、学外から利用できる有料データベースは下記のとおりです。

hops(花園大学OPAC)のマイライブラリを経由するか、図書館から発行された専用IDとPWをご利用ください。
なお、学外からの利用は新型コロナ感染症対策のための期間限定のサービスです。
通知なく終了になる可能性がありますので、ご了承ください。

日本語

2020年6月1日より図書館はサービスを再開します。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、図書館の利用には事前の申請が必要になります。
申請方法の詳細については学生ポータルおよび図書館HPのお知らせをご確認ください。



開館時間 平日 9:00~13:00, 14:00~17:00

      
滞在時間は1時間以内でお願いします
※土曜・日曜・祝日は休館いたします
※13:00~14:00は館内の消毒作業と換気の為、退館していただきます

・提供可能サービスの詳細については学生ポータルに5月28日に配信済みです。


学外の方(卒業生、宗門関係者含む)の図書館利用について

日本語